alt

alt

オオケンはアイコス(ICoSS:Infection Control Support System)という院内感染予防型の仕事に携わって15年が経過しました。これまで建物清掃や冷暖房空調給排水設備管理・セキュリテイ業務など職業分類はビルメンテナンスと呼ばれていますが、オオケンは長年にわたり病院など様々な建物の清掃業務を続ける中でクレンリネス業務と呼称し、冷暖房空調給排水設備管理やセキュリテイ業務をそれ迄のメンテナンス(maintenance維持する)という域を超え、サステナンス(sustenance建物の生命維持)という域の仕事を目指して日々取り組んでいます。

 2015年9月ニューヨーク国連本部で150を超える加盟国首脳参加のもと『我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ』が採択され、その目標として『17の目標と169のターゲットからなるSDGs』が掲げられた事がサステナンスを目指すきっかけとなりました。(SDGs:Sustainable Development Goals)

 オオケンは10年以上前からISO9000・14000・27000の導入・認証を受け、更にはISO26000に取り組もうとした矢先にSDGsが目の前に現れました。

 これから100年企業を目指すに当たり、小さな企業も地球環境の維持に貢献するために、持続可能な開発の為の2030アジェンダ宣言に基づくSDGsに取り組み、グローバル活動の為のSDGsを企業行動規準に取り入れ、活動開始する事をトップ交代に当たり提言します。 
                              (令和元年5月 文責:会長 大中恒男)

tag news

平成30年度広島南税務署「税に関する川柳・標語」募集において、 弊社社員2名が優秀作品として表彰を受けました

標語の部 広島南間税会 会長賞
丸田 朋久 社員
「災害の 復旧支える みんなの税」

hyousyou maruta

川柳の部 中国税理士会広島南支部 支部長賞
深宮 篤之 社員
「ささやかに 次代に繋ぐ 私の税」

hyousyou fukamiya

 


 

西日本豪雨災害支援の防犯パトロールを実施しました

西日本豪雨災害では、未曽有の被害が県内各地で発生しました。
警備業界も社会的責任を果たすため、県警察からの要請にもとづく災害支援の防犯パトロールを実施することとなり、当社も坂町にて空き家を中心として、侵入盗難防止等のパトロールを実施しました。

IMG 0852

 


 

Please publish modules in offcanvas position.