この制度は、積極的に障害者を雇用している広島市内の事業者を障害者雇用推進事業者として認定し,平成18年4月1日から物品調達において,当該事業者に対する受注機会の拡大を図る制度です。

オオケンは広島市内の障害者雇用推進事業者認定を受けています。
障害者雇用推進事業者の要件として広島市内の事業所での障害者の雇用割合が3.6%以上であることが必要となっていますが、オオケンは4.79%(H29.4.1現在)の障害者雇用率を維持しており、平成18年11月より認定されています 。

オオケンは『最適環境づくり 人づくり 国づくり』を経営理念とし、 人のお役に立ち喜んで貰える仕事を通して、安全で最適な都市環境作りの一翼を担う会社となることをこれからも目指し続けていきます。

広島市障害者雇用推進事業者認定